Raspberry Pi 3 と7インチタッチパネル付きディスプレイで小型情報パネルを作る!

きっかけ

自宅のIoT化実験用の情報端末が欲しい〜。

よし、処理能力がぐんと高まったRaspberry Pi 3 を使おう。

常時接続して、情報も表示したいからディスプレイも付けたい。そんでもって、タッチディスプレイなんかにしたら使いやすそうだし。

よし、やろう!

ということで、購入したモノから組立までをご紹介します。

用意したモノ

ラズベリーパイ本体

  • 日本製 Raspberry Pi3 モデルB & 5V/2.5AのACアダプタセット
  • ¥5,840
  • ネットで色々探した結果、アダプタセットでRSコンポーネンツが一番安かった。
  • 日本製という言葉に惹かれてポチり。

ディスプレイ

  • Raspberry Pi, 7インチ LCD タッチパネル, Raspberry Pi 用 Raspberry Pi Touchscreen
  • ラズパイと一緒にRSで購入。
  • ¥8,638

ケース

  • 拡張ボードケース, Raspberry Pi 2 B、Raspberry Pi 3 B、Raspberry Pi B+、Raspberry Pi LCDタッチスクリーン 用 ケース, ABS樹脂, 白
  • 同じくRSで購入。ラズパイ本体と7インチのディスプレイが綺麗におさまるケース。
  • ステキ。
  • ¥2,698

SDカード

  • 32GBのmicroSDカード(TOTF32NA-M302RD-2SET)×2
    • 楽天市場で良さそうなのを物色。使うのは1枚だけど、念のため予備を購入。
    • ¥3,140

開封の儀、そして組立へ

封を開ける

ラズパイ3の外箱とmicroSDカードのパッケージ。

こちらが箱から取り出したラズパイ3本体と、ACアダプタ

こちらが7インチディスプレイの裏側。ディスプレイ制御用の基板が付いており、ラズパイ本体がマウントできるよう四隅にスペーサーがついています。

ラズパイとディスプレイをきっちり納めてくれる樹脂ケースです。
外箱はこんな感じ。

白いケースです。他に黒とか透明がありましたが、白好きなので(。・ω・。)
ラズパイのマークが描かれているパネルは、引っ張ると簡単に取り外せます。
作業しやすいように取り外しておきましょう。

固定用のネジが入っていました。

ディスプレイとラズパイ本体の接続

こちらのサイトを参考にしながら、電源ケーブルフレキシブルケーブルを接続します。

ケーブルを繋いだら、ラズパイ本体をスペーサーの上に載せてネジを締めます。

樹脂ケースを被せます。RJ-45コネクタやHDMI、USBコネクタなどを側面の窓に旨く合わせながらはめ込みます。ちょっと抵抗がありますが、頑張ってねじ込みます。

ケーブルも隙間に折りたたんで入れます。

ネジを締めてディスプレイの筐体と樹脂ケースを固定します。

最後はふたを閉めて、

できあがり!

セットアップについてはまだ次の記事にて。